経営戦略のノウハウ・ドゥハウ
経営戦略塾TOPページ > 経営戦略のノウハウ・ドゥハウ > 経営戦略とは
経営戦略とは
経営戦略とは
1990年のバブル崩壊前には、戦略という言葉は耳にしなかったと言ってもいい。
高度成長の最盛期であり、戦略発想がなくても作れば売れた。
努力すれば儲かった時代である。日経平均株価は4万円を越える勢いだったが、崩壊と空白の20年を経過して、今は1万円を割っている。

上表が示すように、2000年になって需要と供給のバランスが逆転し始め、日本経済は成熟期から衰退期を迎えている。 グローバル化による新興国の台頭、人口減少に加え、リーマンショック、東北大震災、ユーロ危機、超円高と試練は続く。

この空白の20年の間に、経営戦略が育ってきた。 以前は毎年2割り増しの経営計画を立てれば実現できた。しかし今は夢物語である。市場の充足感と競合の乱立で過酷な競争時代に突入している。価格競争だけでは先がない。

競合との競争に勝つために、経営戦略が導入されている。 戦略、戦術、作戦行動は生き死にの問題である。戦争状態にあることを認識し、勝ち残るためにも経営戦略スキルを高め、全社一丸となって統率の取れた戦いに挑んでほしい。

経営戦略とは、企業を持続成長させる智恵の戦勝手法である。
経営戦略体系 戦略戦術論はここでは控える。戦略は大局であり、戦術は従属的な小局と定義する。
下表の体系では、業務戦略(機能戦略)は戦術とも捉えることができる。人材の少ない中小企業では、戦略、戦術の同時進行は難しい。機能戦略をひとつずつ、こなしていくことをオススメする。
二兎追うものは一兎をも得ずの例えである。
戦略体型 基本戦略 機能別 備考
1.企業戦略⇒ 全体戦略 「選択と集中」への意識改革と行動改革
2.部門戦略⇒ 事業戦略 「競争と撤退」の経営環境分析による意思決定
3.業務戦略⇒ 機能戦略⇒ 組織戦略
財務戦略
営業戦略
生産戦略
開発戦略
マーケ戦略
司令塔の経営戦略室リーダーシップ
経営安定性を維持する収益性の向上
経営成長性を求める新奇顧客の創造
強豪との差別化を図る品質改善活動
新市場・新製品開発への中長期戦略
マーケティング活動は組織横断戦略
経営戦略塾の内容に関するお問い合わせ、入会お申し込み