経営戦略のノウハウ・ドゥハウ
経営戦略塾TOPページ > 経営戦略のノウハウ・ドゥハウ > BSC バランススコアカードとは
BSC バランススコアカードとは
BSC バランススコア【四つの視点】 バランススコアカード (BSC balanced scorecard)
1990年に米国KPMGのノーランノートン研究所で、新たな業績評価システムの研究プロジェクトが立ち上がりました。ハーバード大学のロバート・S・キャプラン教授と経営コンサルタントのデビッド・P・ノートン博士が研究成果をまとめ「ハーバード・ビジネス・レビュー」で発表したのが始まりです。財務評価に偏った従来の業務管理手法を、顧客や人材など、非財務評価を加えて多角的な指標でバランスを取る、現代経営に適合する管理手法です。

BSCの四つの視点(フレームワーク)
●財務の視点
●顧客の視点
●業務プロセスの視点
●学習と成長の視点

戦略の立案、実行、管理手法として使われています。実際にはフレームワークの達成目標や評価指標を記入するカードを指していますが、四つの視点において、実施項目と数値目標を設定し、期間を切って検証評価していきます。
組織的にも分けやすく、例えば、財務は経営陣、顧客は営業、業務は製造、人材は人事と、部門役割を明確にして、部門毎に将来目標を設定し、部門毎の評価規準を作ってPDCAを循環させます。

戦略を練る大前提の目標を、この四つの視点で具体的に数値で書き表し、その目標達成を成すための戦略をSWOT分析で求めます。DSTA戦略立案スキームでは、入口から出口までBSCで見晴らしよく展開します。できあがった戦略計画の検証にも、四つの視点でビジネスモデル化して具体的に検討します。

戦略を行動に移すときも、各視点の実施項目と評価基準を設定して日々記録を取り、週間報告書で目標管理します。PDCAサイクルを習慣化させることで、目標に近づけます。
財務の視点 売上高・収益性・決算・経常利益・融資・資金繰り・投資・資本
顧客の視点 市場・顧客満足度・ニーズ・品質・サービス・コスト・納期
業務の視点 老朽化・業務システム・IT化・活性化・生産性・経費削減
人材の視点 人材確保・人材教育・創造力・開発力・人間力・組織・統率管理

重要成功要因が見えてきたら戦略マップを描きます。
始めに財務の視点に戦略目標を設定し、学習と成長の視点から、目標に向けて戦術を練り上げていきます。
下がその一例です。
経営戦略塾の内容に関するお問い合わせ、入会お申し込み