経営戦略のノウハウ・ドゥハウ
経営戦略塾TOPページ > 経営戦略のノウハウ・ドゥハウ > マーケティングとは
マーケティングとは
マーケティング 顧客が欲する、商品、技術、サービスなどを創出し、その情報を効果的に伝え、顧客がその商品を質・量共に効率的に得られるようにするあらゆる活動をマーケティングといいます。

いわゆる企業活動の根幹をなす戦略要因です。営業戦略はマーケティング戦略の中の一作戦に位置づけられ、マーケティングは、広告、宣伝、集客、販促活動と見なされやすいです。しかし、本当の意味では

●商品・サービスなど、売物とする企画・開発・設計・ブランディング
●市場調査分析・価格設定・広告宣伝広報・販売促進・流通
●店舗施設設計・営業活動・集客接客・顧客情報管理
などの広範囲にわたり、マーケティングミックスの4Pや4Cの活動が行われます。
ニーズ・ウオンツ・シーズの定義
ウオンツのとらえ方は、ニーズの定義で変わってきます。ニーズ志向・シーズ志向という考え方もありますが、21世紀型マーケティング戦略では、ニーズを優先し、ウオンツを求めるときにシーズを機能させましょう。

●ニーズ
社会的、個人的な欠乏欲求の状態であり、潜在化している。潜在ニーズの掘り起こしが重要。グローバル化の現在は、アジアにも目を向けるべきです。
●ウオンツ
潜在ニーズを掘り起こし、現在から未来にかけて具体化するモノやサービス。
●シーズ
ウオンツを求めるための技術、材料、アイデアなど。
■中小企業マーケティング
中小企業の市場規模は、身の丈を測ることが大切です。決して大手市場で戦わず、ランチェスターの弱者の法則に従うことです。大手市場の1/100以下で市場の細分化(セグメンテーション)を図り、大手の手が届かない戦略を立てます。
ニッチャー戦略を参照してください。
フレームワークと4Pマーケティングミックス
■かんたんフレームワーク
マーケティングのカンタンな考え方は、三つのフレームワークで完成します。
1.何を(What) 製品、技術、サービス等、売り物を具体的に定義する
2.誰に(Who) アバウトに広義で捉えない。属性からターゲットを特定する
3.どのように(How) 販売促進企画の立案はマーケティングの要になる

この三つのフレームが具体的に定義されないと、行動にできません。この三つが未完成な状態で行動に移すと、ムダが多く、期待とは掛け離れた成約率に終わります。
■4Pマーケティングミックス
売り手側の視点にもとづいて、市場の反応を引き出すマーケティングミックスのフレームワーク。環境分析や標的市場の選定結果、ターゲットに対して自社の魅力度をいかに伝えるかのプロセスです。

広告もそのひとつで、重要な経営戦略の一翼を担っています。最終的な戦略行動に移す現実的な詰めの段階。3Cの顧客、競合、自社の関係を客観的に分析して、マーケティングをミックスさせて解答を引き出します。
Product 製品戦略 製品・サービス・品質・デザイン・ブランド
Price 価格戦略 価格・割引・支払条件・信用取引
Place 流通戦略
チャンネル・輸送・流通範囲・立地・品揃え・在庫
Promotion 販促戦略 販売促進・広告・インターネットマーケティング
それぞれのフレームでSWOT考察すると、解答の正確性が高まります。
AIDMA・AISAS プロモーション(販売促進)には欠かせない論理的思考法です。顧客の行動特性を以下の順序で組み立てることにより購買活動に結びつけます。
1. A (Attention) 注目 「何それ」と注目させる問いかけ
2. I (Interest) 興味 ふむふむ」と興味を抱かせる
3. D (Desire) 欲求 「あるといいな」と欲求をそそる
4. M (Memory) 記憶 「○○○」のブランドが記憶に残る
5. A (Action) 行動 「買いに行こう」の行動で完結させる
インターネットマーケティングが重要度を増している、その中で生まれた新たなフレームワークです。
1. A (Attention) 注目 「何それ」と注目させる問いかけ
2. I (Interest) 興味 ふむふむ」と興味を抱かせる
3. S (Search) 検索 「類似商品は」とネットで調べる
4. A (Action) 購買 「買おう」の意思決定させる
5. S (Shere) 共有 「友達に知らせよう」の口コミで広がる
インターネットプロモーションは欠かせない時代になりました。B2B、B2Cのあらゆるビジネスが、企業の大小を問わず参入してきます。リアルビジネスとの併用で対処しないと、商圏を奪われることは目に見えています。
営業戦略とマーケティング戦略 営業戦略とは、マーケティング戦略の中のプロモーション戦術の一作戦行動ですが、営業戦略は成果を直接的に求められます。
目標達成を叶えるため、効率的、効果的な営業活動を支えるのがマーケティング戦略です。

戦国時代のマス取りゲーム

残念ながら、内需の拡大は幻想の世界。成熟した先進国の悩みは深刻であり、新興国の外需頼みも五年が限界。政治で経済をコントロールできる時代ではなく、膨張するマネー経済が実体経済を支配します。
他力本願を捨て、自律、自力、自発で独自の道を切り拓き、強くなって弱者(競合)を制覇します。
強くなるための条件とは、
1.競合との差別化で製品力を高める
2.企画力・販促力・営業力を結集する

いずれにしても、攻める姿勢がない限り、新たな市場の確保はありえません。マーケティングとSP(セールスプロモーション)は攻めの営業戦略の基本スキルです。
3Cミクロ外部環境
3Cとは、顧客・競合・自社の三角関係です。4Pマーケティングミックスにより、差別化・差異化して競合より優位に立つことです。
マーケティングのSTPフレームワーク 市場から顧客を特定し、接触し、説得するプロセスを三つのフレームワークで構築します。一般的に市場を内需と特定すると日本全国になります。
全国市場をターゲットとする例は、テレビ局のネットワークで全国にCMを流す、絨毯爆撃広告があります。強者に可能な広域戦は、弱者には歯が立たなので、徹底した市場の細分化(セグメント)で、予算に見合うマーケティング戦略を展開すべきでしょう。
Segmentation セグメンテーション 市場の細分化 業種や属性の区切り
Targeting ターゲティング 市場・顧客の絞込み 具体的リスト化
Positioning ポジショニング 競合との製品差別化 顧客満足の実現策
1.セグメンテーション(市場細分化)
マーケティングにおける市場を俯瞰するとき、アバウトに欲張って大きな市場を見る過ちを犯すことが多々見られます。
市場領域を広げれば、それに連動して広告宣伝費も営業費用も膨らんで、費用対効果が問題になります。
市場をニーズに応じて性格(属性)で分割していけば、無駄な費用を節約できるし効果も上がります。
この考え方が市場細分化である。総務省や自治体の統計データはインターネットから取得できます。
アンケートによるマーケティングリサーチは高価であるが、市場規模に見合うコスト計算が成り立てば実施しましょう。

2.ターゲティング
BtoBはセグメントした業界団体を調べると名簿が見つかります。インターネットで検索するのも一方法。地域+業種のアンド検索で表示されるサイトから情報を取得します。パート力でまかなえるので名簿作成コストは低く抑えることができます。BtoBなら会社名・電話・メール・住所で接触できるが、確率を高めるためには、所属・担当者まで調べましょう。

ローラー作戦 住宅地図は高価だが、住人が特定できるので接触しやすい 御用聞き作戦 酒屋、洗濯屋、牛乳屋は門前払いがない。彼らにDMを託す 新聞雑誌作戦 広告展開する企業は資金力あり。広告媒体からターゲット探し 展示会場作戦 出展企業を回って名刺の逆獲得によるターゲット化
3.ポジショニング
ターゲットを納得させる製品の位置づけ。競合に勝る機能・品質・価格・納期・環境・サービスなどを具体化します。
ターゲットに伝える製品情報が曖昧では成約できません。製品の差別化に注力して有力ライバルとの製品比較表を作成すると分かりやすいです。機能・品質・価格・納期・サービス等について比較します。ライバルとの差別化ができたら、製品開発思想とニーズの合致点を明確にします。
ニーズに応えられる製品の魅力とは。顧客の問題解決を成せるか。顧客の得を説得できているか。顧客は納得するか。販売促進ツールの出来栄えと説明力が成否を決めます。企画書・製品案内・展示会スライドショーなど、ツール制作をしっかりと行いましょう。

★マーケティング戦略に関しては経営戦略塾でスキルアップしてください。
経営戦略塾の内容に関するお問い合わせ、入会お申し込み