経営戦略のノウハウ・ドゥハウ
経営戦略塾TOPページ > 経営戦略のノウハウ・ドゥハウ > 3C PEST その他
3C PEST その他
PEST 環境分析では一般にSWOTが用いられますが、その中の外部環境を掘り下げるときに、マクロ環境を細分化したフレームワークを使います。そのひとつにPESTがあります。これも英語の頭文字で表されています。この四つの要因は企業によっては機会となりますが、逆に脅威となる企業もあります。

よくあることですが、法改正で規制緩和される場合、新規参入者が増えるために、差別化されたノウハウや技術のない企業は脅威になります。淘汰される企業もありますが、新規参入者にない、差別化された技術でターゲットを確実に掴んでいる企業にとってみれば、機会になります。IT革命は顕著な例です。デジタルデバイドされる企業と、されない企業では、外部環境に関して脅威と機会が明確に別れます。
Politics 政治、法律 政治動向、法改正、規制緩和、支援施策
Economic 経済 景気の動向、為替や金利の上下、消費者心理
Social 社会、文化 核家族と少子化、個性化と多様化、健康志向
Technology 技術革新 IT革命、情報時代、技術革新
5つの力 Five Forces 環境分析では、一般にSWOTが用いられますが、その中の外部環境を掘り下げるときに、業界のミクロ環境を細分化したフレームワークを使います。そのひとつに、マイケル・ポーターの「5つの力」があります。業界における収益性が決まります。

5つの力に関して、その対策を怠ると、毎年2割は収益が悪化し、5年で終息するという乱暴な意見を吐く人がいますが、あながち間違っているとは言えません。世界市場と比べると、まだまだ日本の価格は高いため、買い手の値下げ圧力は強い。一方、石油価格が材料費を押し上げ、売り手の圧力が強くなると、一気に収益性は悪化します。交渉力が低いと、瞬く間に経営危機に陥ります。
グローバル経済下で、しかもインターネットが発達した今では、新規参入や代替品の進出に目を離せません。目に見えない競合も出てきます。5つの力に戦略思考を注いで下さい。
1. 新規参入の脅威 新規参入しやすいか。障壁の度合は。差別化されているか
2. 競争関係 既存企業の数と力関係。戦略ポジション。シェア
3. 代替品の脅威 新技術による高機能、コストの脅威。他業界からの代替品
4. 買い手の圧力 購入者の値下げ圧力。選択肢が多いほど手強い
5. 売り手の圧力 納入業者の値上げ圧力。ブランド力があるほど手強い
3C 業界のミクロ分析 環境分析における、最も基本的な業界におけるミクロ環境を細分化したフレームワークです。顧客ニーズからターゲットを絞り込んでウオンツを見つける行動と、競合との差別化戦略は同時進行です。このトライアングルを客観的に見晴らせるポジショニングが大切です。
顧客 Customer ニーズ・細分化・成長性・市場変化
競合 Competitor 戦略ポジション・参入難易度・シェア・価格
自社 Company 差別化・経営資源・ブランド・コアコンビタンス
経営戦略塾の内容に関するお問い合わせ、入会お申し込み