経営戦略のノウハウ・ドゥハウ
経営戦略塾TOPページ > 経営戦略のノウハウ・ドゥハウ > PDCA活動とは
PDCA活動とは
PDCA マネージメントサイクル"
■PDCAとは
マネージメントサイクルのひとつで、スパイラルプロセスによって、品質の維持・向上・継続的な業務改善活動を推進するマネジメント手法で、デミングサイクルとも呼ばれています。品質管理ISO9000シリーズや環境ISO14000シリーズにも使われる改善プロセス進化手法。PDCAのプロセスを循環させることによって、継続的な経営改善を推進するマネージメント手法です。

中小企業の実態を見ると、経営指針は策定してもPDCAされていない企業がほとんどのようです。その原因は実行プロセスが不明確なことです。これを習慣化させることで必ず経営は健全化していきます。その実行可能な手法とは、BSCを用いた実施項目と評価基準を設定して週間報告書を提出させ、目標管理することです。

成長経営とは目的を明確にして戦略を練り、計画を立ててPDCA目標管理することです。たった、これだけのことで、会社は見違えるように革新の道を歩きます。

通常業務を正常に実行できたときは、報告欄に記入するだけです。いちいち上司に報告していては、上司の仕事が手につかなくなります。週間報告書は、上司に提出するだけでなく、5分対談し、週一回は、個人面談のコミュニケーションタイムを作りましょう。人間関係を大切にしたいものです。
Plan 計画 目標を設定する解決策、改善計画
Do 実行 計画を実行に移し、検査する
Check 評価 検査結果を分析評価する
Action 改善 評価による改善行動に移す
■5Sとホウレンソウで人材能力を高めるPDCA

5Sの励行を習慣化することで、業務効率をアップする
ホウレンソウを徹底してミスマッチングのない業務環境を創出する
ミス・ロス・ムダの低減で、業務効率200%の数値目標をクリアする


5Sの定義と励行の評価基準を作り、日々全社員が励行する ホウレンソウの定義と評価基準を作り、日々全社員が実施する 日々全社員は週間報告書に5Sを自己評価し、ホウレンソウを記録する


グループミーティングは週1回開き、評価報告について検証する
グループ長は週1回、現場を検査して各人の上司評価をする
グループ長は週1回個人免田して報告を聴き、改善への提案をする

全社員は検証に基づいた改善行動を週単位で繰り返し向上を図る
グループ長は報告書を経営企画室に渡し、企画室はデータベースに記録する
四半期ごとにデータを集計して表彰し、人事考課の対象とする
経営戦略塾の内容に関するお問い合わせ、入会お申し込み